読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私がPairsをつかっても彼氏ができない理由(ダメな思考編)

27歳会社員です。Pairsを利用しているので当然独身。 

 

君に届け」を読み返し久々にに心がトキめいた後、続けて読んだ「東京タラレバ娘」で現実を突き付けられました。

 

殺傷能力高すぎでしょ、殺されるかと思ったわ。

おかげで目が覚めました。

 

今日も自分への反省もかねて、どういう気持ちでPairsを使ってるか書いていきます。 

メッセージの相手≠実際に会う相手 

 

Pairs成功体験とかにのってる記事を見かけると、成功してる人ってやりとりしてる雰囲気と実際に会った時の雰囲気の乖離がほとんどないんですよね。

 

写真よりもかっこよくてビックリしました。何度もメッセージ交換をしたこともあって、実際に会った時も話しやすいですし話す内容も多いので、とても楽しめました。

初めて会った時の印象は、写真のままで「笑顔がステキで芯がしっかりしている人」と感じました。

 

これ本当にすごいな〜と思います。

私は一時期Pairsにかなりのめり込んでいて、ピーク時には月6人の男性とお会いしました。

暇人かよって思った方、正解です。

 

どの方も丁寧にメッセージを重ね(すぐ会おうとする方やメッセージの段階で違和感を感じる方はその時点で切ってしまいます)期待に胸膨らませお会いするのですが「写真よりかっこいい」「メッセージの雰囲気のまんまの人だ」って経験が一度もないです。

 

確かに、メッセージの段階でお相手の趣味など把握してるのでお話しやすいのですが

なんか違う、なぜかずっと違和感を感じる・・・

 

当時は、なんでこんなに会ってるのに?!って思ってましたが今ならはっきりわかります。

この違和感は私が生み出してるんですね。

 

なぜならいつの間にかPairsをリアル版乙女ゲームとして使ってるからです。

 

メッセージを重ねている時間がトキメキのピーク

 

女性から見てpairsの流れって大体

 

いいねが来る

相手のプロフィールを見る

話が合いそう、雰囲気が素敵な人には

↓ 

メッセージを重ねる(途中からLINEに変わる)

 ↓ 

お会いする

 

こうだと思うのですが、私はメッセージを重ねてる時が一番楽しいです。

 

メッセージの雰囲気に加えて、容姿・職業・年収など相手のプロフィールの“要素”を見てくうちに妄想が膨らんできます。

 

「きっとこの人はこんな感じの人なんだろうな〜」

「落ち着いた雰囲気そうだから穏やかなお付き合いが期待できそう」

「デートはこういう場所連れてってくれそうだな〜」

 

なぜか相手とお付き合いできる前提になってますが、とにかく妄想を膨らまし楽しい日々を過ごしてます。

なのでメッセージはすごく気を使います、妄想を実現したい、攻略したい。

ちなみに実際にお会いする日が近ずくほど妄想が加速します。

 

当然実際にあってあれ?イメージと違うってパターンがほとんどです。

そりゃそうだ、妄想が膨れ上がってとんでもないイケメンに仕上がってんだから!

 

勝手に理想を膨らましてハードルを上げ、イメージと違ったと切り(そして女子会の話のネタにし)他の人を探して・・・こうして負のループが生まれます。

 

アラサーの「恋に恋してる」姿は痛々しい 

 

少女漫画みたいなまっすぐな恋愛はもうできないし白馬の王子様(笑)なんてものはどこにも存在しないと頭ではわかっているのに「こうだったらいいのに」という恋愛を求めてしまっている。

 

そういった意味では、Pairsは夢を見させてくれる素敵なサービスなのかもしれませんね。

 

でも、私は乙女ゲームじゃなくて実際の恋愛がしたい・・・!

 

ちゃんとお相手の要素ではなく中身をみましょう。

でもメッセージだけだとどうしても乖離が生まれてしまう。

 

メッセージの段階で相手の実際の雰囲気がわかるナニカがあればいいのにと、無い物ねだりしてしまうクズ人間です。